生活費がかかりすぎる時には、一番先に何が原因なのかを考えますが、特に大きな出費もなく普通の暮らしをしていた場合には、食費を考えることが一番の節約になります。

食料品の買い物は、毎日の暮らしの買い物なので、あまり考えずに買い物をすると余分なものもたくさん購入してしまいます。

毎回の買い物の金額を決めようとしても難しいので、余分なお金をかけないで食べる工夫を考えます。

メニューを工夫したり、調理方法を工夫して、食材をアレンジします。

食費は抑えますが、健康のために栄養には気を使います。

栄養にはならないおやつはなるべく少なめにして、野菜や果物は減らさないようにします。

お料理をがんばると食費を抑えても、寂しい生活にはならないと思っています。

他には、食料品の買い物に行く回数を減らして、計画的に食材を揃えるようにします。

計画的な買い物をするつもりでも、買い物に行く回数が多ければ少しずつでもつい余分なものを買ってしまうので、結局月ごとで見ると食費が多くかかります。

お料理をしている最中に足りない物がある時も、買いに行くのは簡単ですが、そこでまた余分なものを買ってしまうことになるので、足りない物は足りないまま代用品で工夫してお料理することにしています。